熊野古道 中辺路

 

「熊野古道・高野参詣道巡り」キャンペーン

2022年10月より、和歌山県庁 × YAMAPの共同企画「熊野古道・高野参詣道巡り」がスタートしています。現在、和歌山県庁では参詣道ウォーキングを楽しむためのアイテムとして9種類の街道マップと4種類の押印帳を作成しており、今回YAMAPとのコラボによりそのデジタル化が実現。紙ベースでのマップ及び押印帳と合わせて、YAMAPをご利用いただくことで、より参詣道ウォーキングを楽しんでいただけるようになりました。世界でも類を見ない、自然と文化が融合した日本の精神文化が息づく聖地を巡り、YAMAPデジタルバッジをゲットしましょう。
キャンペーン詳細はこちらから(YAMAP記事 記事公開でリンクを付与します。)

熊野古道 中辺路とは

熊野古道とは、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3社からなる「熊野三山」へと通じる参詣道のことです。古くは日本書紀にも登場する霊場であった熊野の周辺は、平安時代から室町時代ごろから特に参詣が活発になり、上皇・女院から庶民にいたるまで、旅人の切れ目がなく往来しました。2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されています。
その中のひとつである中辺路は、田辺から本宮、新宮、那智に至る山岳路で、平安時代から鎌倉時代には公式参詣道(御幸道)となりました。特に「大門坂」のような、石畳が美しく残っており、那智山の入口へと繋がっています。

このエリアの地図

(リンク先地図名は変更予定です。)

このエリアのモデルコース

このエリアで獲得できるバッジ

熊野古道と高野参詣道をモチーフとした全7種類のデジタルバッジ。各エリアの対象ランドマークを巡って、ぜひコンプリートを目指してください。
高野参詣道・熊野古道 中辺路
 

バッジの対象となるランドマーク

No.ランドマーク
1滝尻王子
2不寝王子
3高原熊野神社
4大門王子
5十丈王子
6大坂本王子
7牛馬童子
8近露王子
9継桜王子・秀衝桜
10蛇形地蔵
11湯川王子
12猪鼻王子
13発心門王子
14水呑王子
15伏拝王子
16祓殿王子・熊野本宮大社
17大斎原
18湯峯王子
19熊野速玉大社
20神倉神社
21阿須賀神社
22高野坂
23小狗子峠
24浜の宮王子・補陀洛山寺
25市野々王子
26多富気王子
27熊野那智大社・青岸渡寺
28飛瀧神社(那智大滝)
29地蔵茶屋跡
30小口(大雲取登り口)
31小和瀬渡し場跡
32石堂茶屋跡
33請川
34稲葉根王子
35道祖神と庚申塚
36潮見峠

「高野参詣道・熊野古道」のその他のエリア