熊野古道 小辺路

 

「熊野古道・高野参詣道巡り」キャンペーン

2022年10月より、和歌山県庁 × YAMAPの共同企画「熊野古道・高野参詣道巡り」がスタートしています。現在、和歌山県庁では参詣道ウォーキングを楽しむためのアイテムとして9種類の街道マップと4種類の押印帳を作成しており、今回YAMAPとのコラボによりそのデジタル化が実現。紙ベースでのマップ及び押印帳と合わせて、YAMAPをご利用いただくことで、より参詣道ウォーキングを楽しんでいただけるようになりました。世界でも類を見ない、自然と文化が融合した日本の精神文化が息づく聖地を巡り、YAMAPデジタルバッジをゲットしましょう。
キャンペーン詳細はこちらから(YAMAP記事 記事公開でリンクを付与します。)

熊野古道 小辺路とは

熊野古道とは、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3社からなる「熊野三山」へと通じる参詣道のことです。古くは日本書紀にも登場する霊場であった熊野の周辺は、平安時代から室町時代ごろから特に参詣が活発になり、上皇・女院から庶民にいたるまで、旅人の切れ目がなく往来しました。2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されています。
その中のひとつである小辺路は、高野山大門の南側から高野山大学の裏手に続いている高野山のかつての外周道です。三十三観音像の石仏や茶屋跡など、石畳が残る美しい道でありながら、標高1000m近くの峠を越えるコースとなり、中級者以上の方向けの古道です。

このエリアの地図

(リンク先地図名は変更予定です。)

このエリアのモデルコース

  • 高野山~水ヶ峰
  • 水ヶ峰~三浦口~柳本橋
  • 三浦口~柳本橋
  • 十津川温泉~熊野本宮大社

このエリアで獲得できるバッジ

熊野古道と高野参詣道をモチーフとした全7種類のデジタルバッジ。各エリアの対象ランドマークを巡って、ぜひコンプリートを目指してください。
高野参詣道・熊野古道 小辺路
 

バッジの対象となるランドマーク

No.ランドマーク
1大滝口女人堂
2大滝集落
3大股登山口
4伯母子峠
5弘法大師坐像
6矢倉観音堂
7昴の郷
8果無峠
9道の駅奥熊野古道ほんぐう

「高野参詣道・熊野古道」のその他のエリア