熊野古道 紀伊路

 

「熊野古道・高野参詣道巡り」キャンペーン

2022年10月より、和歌山県庁 × YAMAPの共同企画「熊野古道・高野参詣道巡り」がスタートしています。現在、和歌山県庁では参詣道ウォーキングを楽しむためのアイテムとして9種類の街道マップと4種類の押印帳を作成しており、今回YAMAPとのコラボによりそのデジタル化が実現。紙ベースでのマップ及び押印帳と合わせて、YAMAPをご利用いただくことで、より参詣道ウォーキングを楽しんでいただけるようになりました。世界でも類を見ない、自然と文化が融合した日本の精神文化が息づく聖地を巡り、YAMAPデジタルバッジをゲットしましょう。
キャンペーン詳細はこちらから(YAMAP記事 記事公開でリンクを付与します。)

熊野古道 紀伊路とは

熊野古道とは、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3社からなる「熊野三山」へと通じる参詣道のことです。古くは日本書紀にも登場する霊場であった熊野の周辺は、平安時代から室町時代ごろから特に参詣が活発になり、上皇・女院から庶民にいたるまで、旅人の切れ目がなく往来しました。2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されています。
その中のひとつである紀伊路は、和歌山県西部を周りながら熊野三山に至る古道です。和歌山市から田辺市に至る沿線には、日前宮、紀三井寺、長保寺、道成寺など、由緒ある社寺があり、歴史を感じることができます。また、白鳥の関、吹上の浜(和歌の浦)、藤白坂、糸我峠、結松など万葉集等の有名な和歌が詠まれた景勝地が点在しています。
 

このエリアの地図

(リンク先地図名は変更予定です。)

このエリアのモデルコース

このエリアで獲得できるバッジ

熊野古道と高野参詣道をモチーフとした全7種類のデジタルバッジ。各エリアの対象ランドマークを巡って、ぜひコンプリートを目指してください。
高野参詣道・熊野古道 紀伊路
 

バッジの対象となるランドマーク

No.ランドマーク
1山口王子
2力侍神社
3川端王子
4伊太祁曽神社
5松代王子
6藤代王子
7藤代塔下王子
8所坂王子
9山口王子
10くまの古道歴史民俗資料館
11逆川王子
12湯浅伝統的建造物群保存地区
13河瀬王子
14高家王子
15道成寺
16塩屋王子
17切目王子
18千里王子
19芳養王子

「高野参詣道・熊野古道」のその他のエリア